【3日間限定イルミネーション】LUMIERE LONDON

 

2018年が始まり、ロンドンは例年よりも寒い日が続いています。

ほとんど降雪はないロンドンですが、今季は雪の日が多く見られる。
そんな中「LUMIERE LONDON」とゆうイベントが開催されました。

 

 

LUMIERE LONDONとはロンドン街全体がプロジェクションマッピングによる
光の演出で彩られるアートイベントです。
開催期間は3日間と短めですが、ロンドン一帯がプロジェクションマッピングによって彩られる3日間。

これは行くしかないので行って来ました。

 

 

 

かくゆう、僕は「プロジェクションマッピング大好き美容師」として知られています。

「プロジェクションマッピング大好き美容師」って何?ってところが気になると思うので説明しますと

 

 

プロジェクションマッピングが、好きな美容師です。

 

 

 

こちらは美容師免許を取得しており「プロジェクションマッピング大好き。」と言えば誰でもなることができます。僕も今回初めて言いました。

 

とは言っても、日本の誇るデジタルアートを作り続けているTeam Laboなんかには本気で注目していて

興味津々であります。

 

 

 

まずはこちらの作品。
ロンドンのGoodge streetとゆう場所で見ることができます。
この箱状のオブジェはタッチパネルになっており、手を触れることで光が変幻自在に変化していきます。

この様なデジタルテクノロジーとアートの融合作品が街の至る所で見ることができるんです。

 

 

 

場所はキングスクロスに移動。

人気だったのがこちら。カナダのアーティストが手がけた作品。

花畑の様に敷き詰めた反射板に沢山の光を当てて
まるで光の花畑の中を歩くことができます。

このエリアは凄い長蛇の列ができていました。

 

 

 

 

数ある作品の中でも凄かったのがこちらの作品。
オランダのアーティストが手がけたアート作品です。
波状の光にミストを合わせることでオーロラを見ているかの様な幻想的な空間。

ミストの効果で生き物の様に変化し、見る人を飽きさせません。

本当に人工的に作られたオーロラです!オーロラ見たことないけど!

 

 

 

 

イギリスのアーティストが手がけています。

ボックス状の金網にプロジェクションマッピングを投影し、変幻自在に3Dに映像が映し出されます。

音楽に合わせて、何パターンもの演出が見られる
この作品は、イギリスっぽい演出だなーと感じました。
ニューイヤーカウントダウンの花火と同様に音楽と組み合わせるのはやはりイギリスらしい。

個人的には、とても好きな作品でした。

 

 

こんな感じで個人的には大満足のイベントでした!

動画はインスタグラムとかで投稿してるのでそちらも是非。

また気になるイベントがあれば行ってみたいと思います。

 

 

SEE YOU SOON

この記事が気に入ったら
いいね!しよう