PINK × BLEACH

HAIR

最近創ったスタイルを紹介。

 

最近は“PINK”をちょっぴりミックスしたヘアカラーがマイブーム。

 

 

 

 

こんな感じでハイトーンに少しだけプラス。

ポイントは***をさらに少し混ぜることでほんのり淡いピンクを出せます。

***は企業秘密です。

 

 

 

今回し要したのはDavines 【ダヴィナス】のMASKとゆうカラー剤。

 

 

 

特徴としては非常に色味が濃い。

ヨーロッパのヘアカラーって色素が薄い髪がベースに作られているから色味が少なく配合されています。

 

 

WhiteSilver Hair Color
“シルバーヘア”ってむずい? こんにちは。ロンドンの美容師KOです。 ロンドンガールを創るスペシャリストとしてロンドンをベースに活動しています。 美容師にとっ...

【ヘアカラーと色素の関係について書いた記事】

こちらもご参考ください。

 

 

これがあるので日本人のような色素が濃い髪の毛でも綺麗な色が創れます。

もう日本でのヘアカラーと変わらない仕上がり。

むしろ、僕はこっちの方が好きなくらいです。

 

箱もおしゃれで、こだわり抜かれています。

ちょっと仕入れに値段はかかるんだけども、それ以上に最高の発色!

 

 

 

 

【NEW COLOR】

こちらもダヴィネスのカラー剤。

ダヴィナスはカラーラインがもう一つあるので、ついでに紹介しておく。

最大の特徴はNOアンモニアのカラー剤であります。

 

まあ、アンモニアが入っていないって言ってもよくわかんないと思うので説明しておくと

このアンモニアってのはアルカリ性の成分でありまして、通常のヘアカラーに15%くらい入ってます。

なんで入ってるかとゆうと、キューティクルを開かせる働きをしているんですね。

そんで髪の中に色素を入れ込んでいくんですが、このアンモニアはアルカリ性が強く

早く発色する代わりに刺激が強いとゆう特徴がある。

ヘアカラーを塗っている時にするあのツーンとした臭いの正体はこれであります。

刺激が強いので髪にも頭皮にも影響があったりします。

これは個人差があるんですが・・・・

 

このカラー剤には、そのアンモニアが入っていないので低刺激で髪にも頭皮にも優しいとゆうわけです。

なので臭いもかなり抑えられていて、カラーの臭いで気持ち悪くなるなんてこともない。

 

その代わりと言ってはなんだけども、デメリットとしては発色に時間がかかることだろうか。

でも、髪や頭皮に優しいってのはすごく嬉しいですね。

 

僕は普段のサロンワークではこの2種類のカラー剤をお客様の頭皮の乾燥具合だったり、質感を見て選択しています。

 

とりあえず、今は“ピンク推し”ですので良かったらご参考ください。

 

 

Davines【 ダヴィナス】のヘアケア剤・スタイリング剤についてはこちらで徹底解説してますので

こちらも是非。

まだまだ知られていないヘアブランド“Davines”について徹底解説しておく。
大切な人だからこそ“良いもの”を知ってほしい。 ロンドンで美容師をしています。KOです。 美容師してきて、もうかれこれ8年。 突然ですが僕って、あんまり店内販...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント