祝ってもらい足りなかったバースデー。10月27日

 

 

いつもどおりの時間に起き。

 

いつも通りのカフェでコーヒーを買う。

 

img_4604

 

 

 

いつも通り仕事に行く。

img_4603

 

そしていつも通り仕事をするのだ。

 

変わらぬ日常こそ幸せである。

 

 

 

 

 

しかし。今日は違った。

 

 

 

 

 

 

営業中

 

 

 

 

バースデーソングが流れ。

 

 

 

 

ケーキに火が灯る。

 

 

img_5333

 

 

そう。今日は僕の誕生日なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日(たんじょうび)は、人の生まれた日、あるいは、毎年迎える誕生の記念日のこと。

 

 

 

ウィキペディア調べ。

 

 

 

 

 

 

例にもれず僕もこのように誕生日席に座る運びとなっている。

 

 

img_5334

 

 

この時の会話は

 

「おめでとう。コウ」

 

 

[voice icon=”http://ko-yuiki.com/wp-content/uploads/2016/08/IMG_3967-e1475275599927.jpg” name=”僕” type=”l”]ありがとう。[/voice]

 

 

「ここ座って!ケーキ食べて!」

 

 

[voice icon=”http://ko-yuiki.com/wp-content/uploads/2016/08/IMG_3967-e1475275599927.jpg” name=”僕” type=”l”]お、おう。あとは?あとは?[/voice]

 

 

である。

 

 

僕は、求める時は求めるタイプでなのである。

 

 

 

 

ベラ「コーヒー入れる?」

 

 

マディナ「ベラ イズ メンドウミイイ ガール。」

 

 

こんな会話である。

 

 

[voice icon=”http://ko-yuiki.com/wp-content/uploads/2016/08/IMG_3967-e1475275599927.jpg” name=”僕” type=”l”]さらっと日本語入れんなよ。[/voice]

 

 

僕からすれば当たり前である。もっと言えば肩くらいもんで欲しいものである。

 

 

 

 

 

バースデーケーキ(誕生日ケーキ)
誕生日の行事にはさまざまな様式があるが、欧米風のひとつの典型というのはバースデーケーキにキャンドルを灯し、「ハッピーバースデートゥーユー」の各国語のバージョンあるいはそれに類した歌を皆が歌い、皆が見守る中、誕生日を迎えた当人がキャンドルを一気に吹き消し、ケーキを皆で食べる、というものである。またまれに、当人には内緒で友人が集い(隠れていて)突然現れ「誕生日おめでとう!」と祝うような、遊び心にあふれたことが行われることもある またその後プレゼントを渡されたときその場で開け喜ぶ顔を見せるなどして気分を盛り上げることが当事者の仕事である。

 

 

 

仕事だそうだ。

 

ここで、皆さまに一つお伝えしたいことがある。

 

 

 

 

 

 

 

プレゼントなかったんですけど!!

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなに喜ぶ顔みせたいんですけど!

 

いつでも準備はできています。

 

今このブログ家で書きながらサプライズを待ってる次第であります。

 

ロンドンのサプライズは結構時間をかける文化なんだな。

 

 

 

 

来年はプレゼントもらえるように、もっと頑張ります。

 

 

 

 

最後にもう一つ。

 

 

お昼ご飯にピザを買ってきてとマディナにお願いしたんです。

 

すると10分後マディナが買って戻ってきたんです。

 

 

 

「コウは今日はバースデーだからお金はいらないからね!」

 

 

だって

 

 

僕は先にお金を渡したのを覚えているよ。マディナ。

 

img_5333

 

まだまだプレゼントお待ちしています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント