OH MY GOD DAY!!

LIFE

1年前の出来事を記事にします。

 

1度以前に書いたことがあるのですが

 

 

リニューアルに伴いこの世から消えて無くなったので書きます。

 

 

 

そう。

あれは僕が神に見放された日

 

 

忘れもしません。

 

 

 

あの日僕は

 

 

大阪から東京行きの夜行バスに揺られていたんだ。

 

 

 

次の日に会社の用事があった。

 

 

ロンドン店への移動が決まっていた僕は

 

 

スタッフ写真の撮影もカメラマンさんと予定していた。

 

 

明日は忙しい。

 

 

新幹線を使っても良かったのだが。

 

 

あいにく僕は貧乏なのでケチって夜行バスで行くことにした。

 

 

夜行バスってクソ安いんですよ!

 

 

大阪から東京まで3000円とかで行けるからね!

 

新幹線だと15000円くらいするでしょ。

 

 

比較してしまうと夜行バス一択なのである。

 

 

しかも充電コンセントあったりとか

 

 

ドーム型の目隠し

 

歯ブラシの無料配布なんてのもある。

 

 

もう至れり尽くせりなのである。

 

夜行バス最高かよ!

 

 

もちろんリスクもあって

 

 

体がバッキバキになるのである!

 

 

 

利用したことある人はわかると思うが、これがまたしんどい!

 

 

 

嫌だな〜。なんて思いながら安値に誘惑された僕だったのだが。

 

 

この日は別のリスクが降りかかったんだ。

 

 

 

乗車し、すぐに僕は寝てしまった。

 

 

 

ふと目が覚めると、ちょうどサービスエリアでの休憩タイム。

 

 

ここで例のサービス、歯ブラシを受け取り。

 

トイレで歯を磨く。

 

 

歯を磨かないと寝れませんから

 

 

これはやっぱり良いサービスだ。

 

 

磨き終わったのでバスに戻ると

 

 

あるはずのものがないんだ。

 

 

 

そう。

 

 

 

 

バスがね!!!!

 

 

 

ツァァァァッァァァァァーーーーーーーーー!!!

img_2450

 

 

え、ちょま。。。

 

 

嘘だよね?

 

 

ちょっと夢かと。

 

 

幻かと。

 

 

 

 

「生まれて初めて現実を受け入れられずに立ち尽くす。」とゆうのを体験しました。

 

 

え。待って待って。

 

 

 

とりあえず状況把握。

 

 

バスは、ないよね。

 

 

持ち物は?

 

 

財布とガラケー(この時2台持ちで電話用のガラケーを使っていた)

 

それとバスのチケットだ。

 

 

 

勝機あり!

 

 

ドラクエで死にそうな時ルーラの杖を得たような感覚に近い。

 

 

 

すぐさまバス会社に連絡だ!

 

 

あ、あぶね〜〜〜(^o^)タスカッタ

 

 

 

 

 

 

 

「現在の時刻は対応いたしておりません。営業時間の午前9時から午後にお掛け直し・・・・」

 

 

 

 

 

ツァ嗚呼あああああああああーーーーーーー!!!

 

img_2450

 

 

 

ボケが!!!!

 

 

 

なんで夜行バスなのに日中のみなんだよ!!!

 

一番対応しなきゃいけないのは夜だろ!夜!!

 

 

img_2444

 

 

 

 

 

 

希望が消えました。

 

 

 

ここで僕は約1時間の思考停止に入ります。

 

 

 

「これは夢だな。

 

 

 

このセリフを実際につぶやくことになるとは思いませんでした。

 

 

夜行バス最高!!!なんて言ってた自分をぶん殴ってやりたいです。

 

 

 

ちなみにこの記事の写真はガラケーで撮ったものなので画質は現代のものよりかなり低いです。

 

 

 

臨場感と生生しさを感じてください。

 

 

 

 

ガラケーでこんな時の対処法を調べる。

 

 

ガラケーってこんなに文字入力しづらかったんだ。

 

 

科学の進歩を感じます。

 

 

 

全然出ない!

 

 

 

 

スマホがないとここまで人は無力になるんですね。

 

 

 

 

 

そうだ!

僕以外にもこんなひどい目にあった人はいるはずなんだ!

 

 

 

 

コンビニの人に聞いてみよう。

 

 

なんか本当のドラクエみたいになってきました。

 

 

 

僕「あの。すみません」

 

 

店員「・・・・はい。」

 

 

 

僕「今夜行バスでここまで来たんですけど。」

 

 

店員「・・・はい?」

 

 

僕「置いていかれました」

 

 

店員「え。・・・ちょっとお待ち下さい。」

 

 

 

 

恥ずかしすぎる。

 

 

 

奥から店長らしき人が登場

 

 

「どうしました?」

 

 

「置いていかれました。」

 

 

「えっと。どういう・・・」

 

 

「いや。置いていかれました。過去にこんな人はいましたか?」

 

 

 

こんなアホ丸出しな質問をするとは思いませんでした。

 

 

 

「ちょっとここではなんだから、こちらへ」

 

 

 

コンビニ裏の倉庫兼休憩室に案内される。

 

 

img_2447

 

 

そこには灰皿。椅子2個。コーヒーサーバー。ダンボールしかない倉庫である。

 

 

 

「とりあえず。そこ座って。」

 

 

「はい。」

 

 

 

地図を指さしながら

 

「今、君がいるのココね。」

 

 

150623_0154~04

150623_0154~04

 

滋賀!!!

 

 

どうやら僕は滋賀県にいるようです。

 

滋賀ナウシカです。

 

 

 

「いきなりだな!!!」

 

 

滋賀のサービスエリアは第一休憩ポイントです。早々にリタイアした模様。

 

 

 

「でね。明日の朝なんだけど。」

 

 

「明日の話をするな!」

 

 

 

 

150623_0221~03

150623_0221~03

 

 

 

150623_0153~01

150623_0153~01

 

 

店長さんが電車での経路。時刻表を調べてきてくれた。

 

 

店長、めちゃめちゃ優しい。

 

 

 

「じゃ。タクシー明日の朝4時に来るから、それまでゆっくりしててよ。」

 

 

img_2445

 

 

 

img_2448

 

とりあえず、コーヒー。

 

「はぁ」

 

img_2444

 

 

 

なんでこんな目に。

 

 

 

しばらくすると店長が戻ってきた。

 

 

 

「結城さーん。お腹すいたでしょう!」

 

img_2451

 

 

て、店長ぉぉぉーーーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

 

img_2443

 

さすが店長。こんな人だから店長なのでしょう。

 

ローソン上層部の皆さん!

この人もっと上にあげるべき!!店長クラスじゃ勿体ないよ!!!

 

 

 

img_2452

 

 

 

 

 

この蕎麦うますぎ。

 

 

 

日本一うまい蕎麦は滋賀のサービスエリアで食べれます。

 

 

 

そんでタクシー来たから

 

最寄駅まで行って、そこから京都に行く。

 

 

店長と熱いハグを交わしてサービスエリアを後に

 

 

「結城さん!頑張ってね!!!」

 

 

婚活中の皆さん。良い男は滋賀のサービスエリアのローソンにいます。

 

 

 

とゆうわけで京都に着きました。

 

 

img_2449

 

こんな形で初めて京都に来ることを小学生の僕は予測できたでしょうか。

 

 

京都タワーをバックに記念撮影。

 

さすがにもう、完全に死にそうになってきた。

 

 

 

新幹線で東京に向かう。

 

 

 

img_2414

 

はい。。渋谷に来ました。

 

 

もう完全に魂が抜けています。

 

目から生気が感じられません。

 

服もヨレヨレです。

 

 

 

 

そして凄腕カメラマンの硯谷さんに撮影してもらったのがこちら。

 

 

img_1587

 

 

 

 

 

この日の事は一生忘れません。

 

 

 

 

この案件で夜行バスはトラウマになりました。

 

 

これから夜行バスを利用する方。

 

 

くれぐれも「置き去り」にはご注意ください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント