サントリーニの魅力紹介記事

LIFE

こんにちは。

ロンドンから失礼します。

ロンドンで美容師をしています。KOです。

 

 

夏休みもう終わった方。これから取る人。

 

俺の夏はそもそもないぜ!ってゆう人

 

 

 

様々かと思います。

 

 

 

 

 

印象深い夏を過ごせましたか?

 

 

まずは、なぜ僕がロンドンにいるか。から話していこう。

 

結論をいうなら僕が

 

 

エリートだから。

 

 

 

 

そう。僕は調子に乗っている。

 

 

 

嘘です。ただの社内転勤です。

 

 

僕は今年の夏、海外で過ごす初めての夏を迎えた。

 

どこかに旅行に行こうかと考えた。

 

 

 

 

人気のインスタグラムでは夏を満喫してるよ!ってゆー

自慢合戦のようなものが日夜繰り広げられています。

 

 

ウェイウェイしている写真をSNSにあげて“リア充”であることを必死にアピールする。

インスタやフェイスブックでよく見るアレ。

 

 

 

なんて愚かな行為なんでしょう。

 

 

 

そういった行為をネット上で繰り返し、「リア充」に見える人は大抵「リア充」ではない。

 

 

 

冷静に客観視すると

 

それをブログに書くんだから僕はよほどである。

 

 

 

そんなことより、行き先はサントリーニ。

 

 

ギリシャに浮かぶ、ハネムーンの地として有名なこの島は、とても有名なので

 

見たり聞いたりしたことのある人も多いはず。

 

 

 

今回はサントリーニとは一体どんな島なのか。

 

実際に行ってみてのレポを書きたいと思います。

 

 

ロンドンからサントリーニに出発

IMG_2577

 

ロンドンからサントリーニ島までは直行便が出ている。

 

 

最高!

 

 

僕は高所強皮症のため冷や汗を垂れ流しながらこの写真を撮っているが

 

ここでは

 

「空の旅最高!」

 

などとツイートしておくのがマストである。

 

 

 

IMG_2580

はい。とゆうわけで

 

サントリーニ島に到着しました。

 

サングラスはリゾート感を演出するために購入したもの。

 

自分で撮っといてなんですが

 

 

 

顔がウゼェ。

 

 

IMG_2647

見て!

サントリーニの絶景!!

 

 

半端なく青い海。

 

 

こんな青見たことない!

 

IMG_2646

こんな感じで断崖絶壁に街があります。

 

 

ここはフィラとゆう街。

 

サントリーニの中心部で最も賑わいを見せる。

 

今回はここを起点に行動する。

 

 

しかし、あっちィーーーー!!!

 

 

気温は35度くらい。

 

 

 

 

IMG_3018

 

喉が渇いたので即、コーラを摂取。

 

 

コーラうますぎる!

 

 

 

見ている側に伝わるかな。この美味さ。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3029

はい。とゆうことで

 

お腹が減ったのでランチです。

 

ロブスターのパスタを注文。

 

ロブスターが真っ二つにぶった切られた状態で乗っています。

 

 

でかい。

 

 

そして味は文句なしに美味い

 

 

IMG_2760

観光地だけあって料金は高め。

 

汗水垂らして一生懸命お金を貯めてくるのがベター。

 

 

イアへ向かう

IMG_2986

次に向かったのがイアである。

 

このイアとゆう場所はふサントリーニの最北に位置する町。

 

世界一綺麗な夕日が見られる

 

そんな紹介がされるほどサントリーニにきたら絶対にはずすことができない場所なのだ。

 

 

 

そういえば、旅をして絶景を見ると世界観が変わったとゆう人がいる。

 

誰かが、そういったことに対して景色見ただけで世界変わるってどんだけ今までの人生薄っぺらい

 

そんなことを言っていた

 

 

僕はこれにはとても同感。

 

確かに!って感じ。

 

正直旅したくらいじゃそんな変わるわけないんです。

 

 

バスに揺られること20分

 

傾斜の激しい細い道を大型バスは爆走する。

 

しかも片手で運転とゆうなんともエキサイティングな時間で冷や汗かいた。

 

IMG_3050

 

足元を見るとこのように大理石のような真っ白な道になっており

 

とても綺麗なところである。

 

先ほどのフィラとは違い

 

活気こそないものの

 

とても静かで優雅なひと時を過ごすことができる。

 

ホテルを予約するのであれば是非、イアをオススメしたい。

 

 

IMG_3028

 

日没までまだ時間があるので

 

 

カフェでのんびり過ごす。

 

 

優雅なひと時である。

 

 

IMG_2814

 

 

フぅーーーーーーーーーー!!!

 

 

あ。おもわず変な声出ちゃいました。

 

 

 

 

この絶景!!

 

 

これがイアのサンセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで見たことのない絶景に出会い。

 

 

体験したことのない経験をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生観変わったなーーー!!マジで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃である。

 

 

 

 

なんだこいつ。って声が聞こえてきそう。

 

 

 

まあ、実際なんも変わってないんだけど。

 

 

多分気のせい。

 

 

 

 

 

 

 

ホテルに戻りこの日は爆睡。

 

 

 

 

 

IMG_2648

 

とゆうことで

 

グットモーニング。

 

すこぶる爽やかな朝です。

 

 

 

 

 

IMG_2668

 

今日も快晴で最高すぎるとゆうことで朝から海を見ながらビールを飲んでいます。

 

 

なぜか隣に野良犬がいます。

 

 

IMG_2650

 

基本的に動物には好かれるタイプですが人間には距離を置かれるタイプです。

 

 

 

 

 

この後、ロンドンで出会った友達が後から来たので合流しました。

 

 

 

IMG_3042

 

ホテルのプールで1年分の日光を存分に浴びます。

 

ロンドンは曇りの日が多く

 

日光不足になるのです。

 

ここぞとばかりに浴びまくります。

 

最高に気持ちいい!

 

 

 

この後1時間爆睡して。

 

 

起きたら肌が焼け焦げ。

 

ケータイは熱した鉄の塊みたいになっていて、電源がしばらくつきませんでした。

 

 

 

IMG_2957

 

ランチはプールサイドで。

 

ギリシャ料理のムサカを食べました。

 

ナスやひき肉を層にして卵でとじたみたいな料理。

 

 

 

文句無しに美味い!

 

 

 

いつも『美味い』しか出てこないボキャブラリーの無さよ。。。

 

 

IMG_2983

 

とゆうことでブラックビーチに来ました。

 

 

友達プラス謎の旅人3人が加わり、ビーチに来ています。

 

 

フィラからバスで30分の移動。

 

 

バギーを借りる人が多いので長期滞在の人はバギーがオススメ。

 

少し南に位置するビーチです。

 

ブラックビーチとゆうことで砂が黒い。

 

ヤング向けのビーチとゆうことと、ヨーロッパのビーチはやばい!と聞いていたので

 

 

これはブログには書けないことが起こっちゃうかなー。と心配していましたが

 

 

 

びっくりするくらい何もなかった。

 

 

ファンタスティックフォーな展開は一切起きませんでした。

 

 

 

 

 

 

IMG_3131

 

僕の心とは反対に

 

 

底が見えるくらい透明度のある海。

 

こんな海があっていいのでしょうか。。。

 

海が綺麗すぎます!

 

 

心は汚いけど!

 

IMG_2962

 

ここでマリンスポーツを楽しみました。

 

もうね。

最高かよ。

 

 

 

 

これしか声に出ません。

 

 

そんな感じで3日ほど滞在して夏休み終了のお知らせ。

 

 

 

サントリーニ島マジでよかった。

 

 

もう一度行きたい島でした。

 

 

 

 

 

 

 

是非一度は行ってみてほしい。

 

 

この世のものとは思えない楽園があります。

 

 

特にハネムーンで行ってみると一生に残る思い出になることでしょう!

 

 

 

最後はサントリーニの夜景でお別れ。

 

 

 

 

 

IMG_2817

 

やはり思ったのがハネムーンの地なんかに男一人で行くものではない。

 

 

満足感の後に湧き上がる孤独感の破壊力が物凄い。

 

 

 

 

 

ちなみに帰りの飛行機で乗り遅れるとゆう失態を犯しました。

 

 

あ。終わった。

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

OH MY GOD DAY!!
1年前の出来事を記事にします。 1度以前に書いたことがあるのですが リニューアルに伴いこの世から消えて無くなったので書きます。 そう。 あれは僕が神に見放された日。 ...

 

 

 

この『夜行バスに置き去りにされる』とゆう事件も、かなり終わってましたが

 

 

 

次元が違いました。

 

 

 

 

とりあえず対処法を。。。。

img_4913

 

 

おい!!!

 

 

img_4914

 

 

 

 

 

 

 

知っとるわ!!!!!!

 

 

 

 

当たり前すぎてiphoneぶん投げそうになりました。

 

 

 

想像できますか?

 

 

 

不治の病にかかって、「お前もう直ぐ死ぬから。」って言われる感覚です。

 

 

お前、トキにも同じこと言えんのか!!!

 

 

 

こうゆう時の人間の集中力はすごいです。

 

英語がめっちゃわかる!!!

 

 

こうゆうピンチの時に英語が伸びるんですね。

 

 

ピンチはチャンスって言いますもんね。

 

 

 

無事帰れてよかった(´Д` )

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメント